最近「ザクロ」にはまっているかおり子です^^

成城石井で買ったザクロジュースは大変のみやすいうえ美味しかったですし、またその後にカルディで買ったマッスンブのざくろ酢もお酢の効果効能が疲労回復にとても効いているように感じます。

 

 

また内分泌系のホルモンなどはザクロに含まれる栄養素は美肌にもいいだけでなく、私のように更年期の女性には足りなくなっていく女性ホルモン用作用(エストロゲン)の補充できそうで私にとっては目が離せない存在なのです。

 

 

というわけで、今度はマッスンブのざくろ酢に次いでミツカンのザクロ黒酢を買ってみました。同じザクロ酢ですが、値段も容量も違うこのザクロ酢はどこが違っているんだろうと気になったからです。

スポンサーリンク


 

ミツカンのざくろ黒酢ストレート

 

 

●商品名ミツカンざくろ黒酢ストレート

名称清涼飲料水
原材料名:米黒酢、果糖ぶどう糖液糖、ざくろ果汁、ぶどう果汁、黒糖入り砂糖液
添加物:酸味料、香料、ムラサキキャベツ色素、甘味料(スクラロース、ステビア)
栄養成分表示/一日摂取目安量(500ml)あたり:エネルギー 50kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 13.6g(糖質 13.6g、食物繊維 0g)、食塩相当量 0g、機能性関与成分:酢酸 750mg

  • ●内容量 : 1000ml
  • ●賞味期限:左部に記載
  • ●保存方法:直射日光を避け常温で保存
  • ●原産国:日本
  • ●お問い合わせ先:ミツカンお客様相談センター、フリーダイヤル:0120-261-330
  • ●値段約400円前後

 

 

パッケージには国産玄米100%の黒酢使用で作られていると記載されていました。

 

マッスンブのザクロ酢

 

 

 

 

  • ●商品名マッスンブ ざくろ酢
  • ●名称調味酢
  • ●原材料名:ザクロ酢、果糖、イソマルトオリゴ糖、濃縮果汁入り(りんご、パイナップル、きいちご)柿酢、食物繊維、はちみつ、濃縮にんじん果汁、クエン酸、甘味料(ステビア)、ビタミンC
  • ●賞味期限:枠外左下に記載
  • ●内容量500ml
  • ●保存方法:直射日光、高温保湿の場所を避けて保存して下さい。
  • ●原産国名:大韓民国
  • ●輸入者:株式会社オーバーシーズ
  • ●お客様相談室:0120-522-582
  • ●値段約450円前後

 

 

マッスンブのザクロ酢のメーカーさんに問い合わせてみました。こちらの場合にはザクロを発酵させてザクロのお酢を作ってるわけですが、そのザクロ酢が全体の39.1%入ってるといわれていましたね。

 

というわけで残りの60.9%は、下に記載しました原材料名にあるものが配合されていることになりますね。

スポンサーリンク


 

500ml全体の中でザクロがどれだけ入っているのかは、「分からない」ということで答えてもらうことができませんでした。

 

ミツカンのざくろ黒酢とマッスンブのザクロ酢の違い

 

ミツカンのざくろ黒酢とマッスンブざくろ酢をそもそも比べることじたいに意味があるのかどうかはよく分かりませんが、これから先も私はザクロ酢を飲み続けるだろうから、それぞれの特性を知っておきたいなぁと思い調べてみました。

 

まずミツカンのざくろ黒酢は清涼飲料水に属し、マッスンブざくろ酢は調味酢となっていますね。

 

原材料名においては、マッスンブざくろ酢のほうは、りんご、パイナップル、きいちごなど沢山の果汁が入っていますが、ミツカンのさくろ酢はぶどう果汁ぐらいでしょうか~。

またマッスンブざくろ酢には、はちみつも入っています。

 

ミツカンのざくろ黒酢には香料が添加してあるのが気になりました。

 

ざぁ~と原材料名を見るだけでは私的にはマッスンブざくろ酢のほうに軍配が上がっています。

 

あとミツカンざくろ黒酢ストレートのほうは玄米を使用した黒酢使用でしたが、マッスンブざくろ酢は、ざくろそのものを使用したザクロ酢でしたね。

 

 

 

では飲み心地はいかがなものでしょうか?

キャップ1杯づつ比べてみました。

 

●こちらはミツカンのざくろ酢

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ミツカンのざくろ酢は清涼飲料水と書いてあるだけあって、そのままでも大変飲みやすいですね。一日摂取目安量の目安も500mlと書いてあるだけあって、ゴクゴク飲めそうです(笑

(注:ゴクゴクのめそうですが、空腹時は刺激が強くなりすぎるから避けたほうがいいです)

 

 

1Lあたりに、ざくろ&ぶどう果汁が1%入っていると記載ありました。

ザクロ風味のお酢がベースになった清涼飲料水ということでしょう。

 

 

 

●こちらはマッスンブざくろ酢

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

マッスンブざくろ酢は調味酢に属しているだけあって、「酢」ですね!

「酢」にはちみつや多種の果汁などが加わってまろやかさを出すようにしてありますが、確かに「酢」です!!なので必ず割って飲まないと当然ながらストレートだと酢の酸味がきついです。

 

 

それで水で割りました。1回目は濃度がちょっと濃かったために飲んだ後に酸味が残りましたが、2回目は1回目で学習したので、もうちょっと薄くしたから美味しくいただけましたね^^

 

まとめ

 

ミツカンのざくろ黒酢とマッスンブさくろ酢とはそれぞ清涼飲料水と調味酢といったふうに用途が違うので、どちらがどう良いなどと比べることはできませんね。

 

キャップにそれぞれ入れてみたときに、ミツカンのザクロ黒酢のほうはストレートで飲めるだけあって色合い的にも少し薄かったです。

 

値段はあまりかわらないけど、ミツカンのざくろ黒酢は1L入りマッスンブさくろ酢はその半量の500mlになりますので、内容量的には2倍の違いになります。

 

 

私も用途に合わせて使いわけてみようと思います。個人的にはミツカンのざくろ黒酢が「効く~!」といった感触があって好きですね。

豆乳と割って飲んだときなんかは、これは爽やかな飲むヨーグルトといったかんじで、大変美味しかったですよ!

スポンサーリンク