口コミでは癌も消えるといった評判のカバノアナタケ茶(チャーガ茶)を先日、ネット通販で注文しました。なんと注文から到着が2日間ととてもスピーディーに届きました。

 

鉄は早いうちに打て!という諺がありますが、カバノアナタケ茶(チャーガ茶)に関してはテレビで小耳に挟み、すぐに口コミを調べてみたらとても良さそうだったから早く飲んでみたかったので、こんなに早く届いてホント嬉しかったです。

 

というわけで早速開封をしてみました。

スポンサーリンク


通販で購入したロシア産カバノアナタケ茶(チャーガ茶)

 

 

届いたのはこんなかわいらしい包装でした。印象としては「ちょっと薄っぺらかな?と」感じ、この中に30個も入っているのかな?と思いました。

 

袋から取り出してみるとこの2つが入っていました。左側の袋がカバノアナタケ茶(チャーガ茶)のティーパックが入っている袋で、右側はパンフレットです。

 

 

パンフレットにはエイジングに関することが書いてありました。

 

 

肝心のティーパックが入っている袋を開けてみました。開封口は湿気が入らないようにジッパーになっていましたよ。

 

 

中はこんな風にカバノアナタケ茶(チャーガ茶)が一つ一つティーパック形式になっていました。三角形のピラミッド型です。

 

 

カバノアナタケ茶(チャーガ茶)の作り方

 

とにかく早くカバノアナタケ茶(チャーガ茶)を飲んでみたかったので、早速つくってみることにしました。つくり方はティーパックが入っている袋の裏側にこのように記載されていました。

スポンサーリンク


 

 

「沸騰させたお湯1ℓに本品1個を入れ、お好みの濃さに煮出してお飲みください。」

「※茶葉の量や濃さはお好みでご調整ください」

 

カバノアナタケ茶(チャーガ茶)は医薬品のような副作用の心配はないときいていました。

 

なるほど~それで沢山飲みすぎていけないとか、濃すぎても駄目とかはないようですね。

 

書いてあったとおりに、やかんに1ℓのお湯を沸かし煮出してみました。私は5分くらい適当に煮出してみましたよ。

 

 

出来上がったカバノアナタケ茶(チャーガ茶)をコップに注いでみたのがこちらです。まだ湯気が上がって熱々です。においをかいでみましたが、ほとんど匂いらしきものは感じません。

 

 

苦味もないし、口コミでも飲みやすいと多くの人たちが言っておられたように、これは確かに飲みやすいです。ゴクゴクいけます!

 

カバノアナタケ茶(チャーガ茶)ロシア産と北海道産の違い

 

カバノアナタケ茶(チャーガ茶)を通販で注文する際にロシア産か?北海道産などの国産にするか?どちらがいいのかなぁ?どう違うのかな?と迷いました。

 

何でもロシア産のほうは、ロシアという極寒の土地柄や土壌などの条件によって、より良いカバノアナタケ(チャーガ)が採れるらしいそうです。

 

それとは反対に、本当かどうかは定かではありませんが、日本ではカバノアナタケ(チャーガ)は、まだ少量しかとれないのが現状だそうで、そのためなかにはよくない(死んでる?)カバノアナタケ(チャーガ)を販売している業者もあるとか・・・。

 

しかし北海道産の全てが悪いということは、そんなことはないと思うのですね。もしかしたらごく一部の悪徳な業者がそのような行為をしているのかも?です。

 

またその情報自体も信憑性がないともいえるし、もしかしたらデマかもしれませんので、一概に北海道産が悪いということは分からないのが正直なところです。

 

 

とはいえ、どうせ購入するならばと・・・

やっぱり私もその点がちょっと気になり、口コミでも人気のあったロシア産を購入してみました。

 

私が通販で購入したのは、ニチエー(nichie)というところが販売しているロシア産 チャガ茶 ( チャーガ 100% ) 2g×30個 ティーバッグで送料無料で、価格は1,350円でした。

 

今日から3ヶ月間毎日飲み続けてみようと思います。あれほど口コミでいいことが沢山かいてあったので、何かしら変わっていくことを期待してみたいと思います。経過に伴う変化はこのブログにてまたお知らせしますね。

スポンサーリンク