前回の記事でトイレの黒ずみの原因がカビや雑菌だったことのお話をしました。

トイレの黒ずみの正体に吐きそう!その原因とは?

 

いやはや・・・不潔を通り越して実に気持ちの悪いことです!

 

「とにかく清潔なトイレにしたい!このままじゃ病気にだってなっちゃうかも?」

 

そう感じたわたしは、トイレお掃除のマニアになれるぐらい徹底的にトイレ掃除に関して調べたくなりました。

 

というわけで、このブログにお越しの方には、清潔なトイレにいつでもいられるよう安全エコな方法で簡単にトイレ掃除ができるやり方をご紹介したいと思います。

 

黄ばみピンク汚れなどは違ったタイプの汚れなので、その件に関しては別記事で順を追ってお話しするとして、今回は重曹を使ってトイレの黒ずみを綺麗サッパリに落としていく方法をご紹介しましょう♪

 

トイレの黒ずみは重曹で落とす

 

 

重曹が得意とするのは酸性の汚れ落としです。便器内のさぼったリングともいうべき黒ずみはアルカリ性である重曹を使うことで中和分解できるのです。

 

わたしが重曹のこと、優れているなぁ~、凄い!と思うのはニオイの元を消してくれるところです。中和と分解で臭みの元が取れ根こそぎ清潔になる気がしますよね。

 

また研磨作用というのもあって汚れを細かい粒子でしっかり削り落としてくれるのですね。

 

超簡単!重曹スプレーの作り方

 

重曹はパウダー状なので粉のままパラパラとまいて使ってもいいですし、重曹スプレーを使うのも便利です。

 

トイレの水がたまるところにできる黒ずみは重曹の粉をパラパラとまいて、ブラシでとりましょう。きれいになります。

 

またその他の場所、例えば便座やその周辺などは重曹スプレーを常備しておき、気がついたときにスプレーしてティッシュで拭くと常に清潔な便器を保つことが出来ます。

 

なので、ここで重曹スプレーを作ってみましょう。

 

■用意するもの

・重曹

・水(ぬるま湯ぐらいが溶けやすくていい)

・スプレーボトル

 

①スプレーボトルに重曹の粉を入れるためのロートを簡単に紙で作りましょう。

 

②手元にあるどんな紙でもいいのでクルクロと丸めてこのようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③空のペットボトルに設置してみました。

 

④スプレーボトルを用意します。私はお茶を飲んだ後のペットボトルを使用しました。先端のスプレーは100均で確か3個くらい入っていたものです。

 

 

⑤重曹を用意します。小さじ3杯分です。

 

 

⑥重曹をロートに入れていきます。

 

 

 

⑦そこへ水を300ml入れます。

 

⑧重曹スプレーが出来上がりました。これでトイレの黒ずみは攻略できます(^^)よく振ってからお使いくださいね。

 

 

簡単でしょ!要は重曹小さじ1に対して水100mlの割合で溶かせばいいだけのことです。

 

わざわざ重曹スプレーを買いにいく必要もありません。

 

重曹スプレーとアロマオイルの相乗効果が凄い

 

重曹スプレーにお好きなアロマオイルを入れること消臭と芳香だけでなく殺菌、消毒作用も加わります。

 

せっかくなので、ご紹介しておきますね。

 

■追加で用意するもの

・アロマオイル(10~15滴)

・エタノール(10ml)

 

アロマオイルは脂溶性のため水には溶けません。なのでエタノール少量使います。

 

 

 

①エタノールを10ml入れた中にアロマオイルを10~15滴入れてよく混ぜてください。

 

②それを先ほどの重曹スプレーに入れればOKです。入れた瞬間少し白濁しますが大丈夫です。よく振ってから使ってくださいね。

 

 

おわりに

 

重曹スプレーは作って置いておくととっても便利です。黒ずみのさぼったリングだけでなく、トイレのふち便座便座裏などをシュシュとかけて軽くティッシュで拭くだけでも清潔感が感じられますからね。

 

トイレタイムが心地のよい空間になることでしょう。毎日必ず使用する場所だからこそ清潔は必須ですよね!

 

ちなみに私が使ったアロマオイルは今回はペパーミントでした。ペパーミントにも消毒殺菌作用があります。

 

エタノールはアロマオイルを溶かすために使用しましたが、エタノール自体にも消毒殺菌作用があるので更によい相乗効果になりますね。

 

よかったら是非お試しくださいね。