トイレに入ったときにうっすらと黒ずみが見えたことありませんか?

そうです、あの黒ずみです。

 

あの黒ずみをそのままにしていると、あれよあれよという間に被害は拡大し、大変なことになってしまいます。

 

あの黒ずみの原因って何だと思います?

 

わたしはこのことを知ったときに「うわぁ!」

と、絶句でした!

もう嫌だわぁ・・・気持ち悪い(←コレ心の声)

 

トイレの黒ずみの原因にビックリ!

 

 

トイレの黒ずみの原因とは、実はカビ雑菌らしいのですね。肉眼では見えていなくても菌の中では微生物がウヨウヨしていますし空気中では胞子も飛んでいることでしょうし・・・。そんな空気をわたしたちは密室で吸っていたわけです。

 

何気なく黒ずみがあるなぁくらいに思ってトイレでは、実はこんな気持ちの悪いことが起こっていたのですね。

 

カビや雑菌は条件が揃えばあっという間に異常繁殖します!

 

 

カビや雑菌が及ぼす弊害

 

わたしたちの日常では、カビなどの菌が身の回りに存在しているのは、ある意味避けられないものですが、なかにはほおっておくと体に害を及ぼすものもありますので注意が必要です。

 

たとえば、トリコスポロンアルテルナリアというカビは浴室トイレなど、水まわりでよく発生するカビといわれています。

 

 

これらのカビが引き起こす作用としては、気管支喘息アレルギー性鼻炎過敏性肺炎などで、何となく風邪が抜けきれず咳が続いていると思っていたら、実は風邪ではなくてカビが原因でのアレルギーだったということは、免疫力が落ちているときなどはよくあるみたいです。

 

カビや雑菌が繁殖しにくい環境とは?

 

トイレの黒ずみができないようにするには、マメなお掃除は必須です。それと並行してカビや雑菌が繁殖しにくい環境を心がけることも重要ですね。

 

ではどのような環境がカビ雑菌は苦手なのでしょうか?見ていきましょう。

 

カビや雑菌はジメジメとした湿気が大好きです。特に湿度が60%くらいになると活発になって、80%~では一気に増え始めます。

 

 

ですからトイレに窓がある家の場合には、窓を開けて換気し、またマンションなどで換気が難しい場合には換気扇を回すなど湿気がこもらないように換気に心がけましょう。

 

それから除湿のできるものを設置するなどして湿度が60%以上にならないように工夫することも必要かと思われます。

 

おわりに

 

トイレには1日に何度もお世話になる場所です。そんなトイレが汚れていたら、それこそ何度も汚れが目に飛び込んできますよね。

 

そういうことって、わたし的には「あ~汚いなぁ」って感覚が水面下で蓄積していき潜在意識に刷り込まれていきそうな感じがしました。

 

それとは真逆に、トイレに入ったときに「あ~清潔感があって気持ちのいいトイレだなぁ~」と感じれると、心地よさが脳に響いて、心身ともにいい影響を受けそうです。

 

 

あっ、そうだ!この記事を今こうして書いている間に、アロマのトイレの消臭スプレーを急に作りたくなってきました。

 

この前はレモンを使ってつくったのですが爽やかですごくよかったです。臭いものを消す消臭スプレーというよりも、清潔な空間に大自然の香りを送り込むといったかんじでしょうか~。

 

機会を見つけてこのブログでつくり方をご紹介しますね。好きなアロマオイルを1本持っておくとホント便利ですよ。

 

だって欲しいものを思い立った時すぐに自分でつくることができますもの。しかも安価でエコで安全なものだからいいことづくめです^^