日本テレビの「得する人、損する人」を見て、やせ菌を発する玉ねぎヨーグルトなるものに興味津々の私は早速実践してみました。

 

前回の記事詳しくはこちら

《得損》玉ねぎヨーグルトと納豆のダイエット効果が超凄い!

 

何でも玉ねぎヨーグルトを食べて、ポッコリお腹のアイドルが無理なくスリムなお腹になったとか・・・。

 

玉ねぎヨーグルト+納豆で更に多くの痩せ菌を発生させると、テレビではお医者様も言われていました。

 

今回はそのダイエット効果はいかばかりか?経過報告をしたいと思います。

 

玉ねぎヨーグルト+納豆はおいしくない?

 

 

 

「得する人、損する人」で前々回の放送では、玉ねぎヨーグルトだけの組み合わせだったのですが、更にパワーアップ型の玉ねぎヨーグルトということで、今回はプラス納豆が紹介されていました。

 

どうせ食べるなら効果的なほうがいいと、私も納豆を加えてみることにしてみました。

 

玉ねぎヨーグルト+納豆の臭みと辛みがハンパない

 

 

できた玉ねぎヨーグルトを一口食べたところ・・・

「これはまずい!」

 

テレビでは玉ねぎの苦味を減らすために30分置いたほうがいいといっていました。

 

苦味が嫌いな私は、30分よりも更に長い1時間放置したのですが、それでも苦い。おまけに納豆の臭みも気になる。

 

とはいえ、せっかくつくったのだから捨てずに試してみようと、毎食後せっせと大匙2杯食べました。

 

玉ねぎヨーグルト+納豆の効果は・・・

 

 

まずい!とつぶやきながらも玉ねぎヨーグルトを食べ続けた結果、たったの2日間ではありましたが、3日目の朝のお通じに異変がありました。

 

もともと便秘症の私がスルリと出たのです。ビックリ、まさに気持ちいい快便でした!

 

朝食後、何となくもぞもぞとしてきてトイレにいきました。出ないでお腹が痛いこともなく、また下痢とかでもなく、バナナ状いいかんじのウ〇コでしたね。

 

ダイエット効果に関してですが、こちらのほうはまだよく分かりません。

 

順天堂大学 医学部の「小林弘幸教授」が玉ねぎ+ヨーグルト+納豆の組み合わせは、短鎖脂肪酸という痩せ菌を多く発生させるといわれていました。

 

便秘にはよさそうですが、おいしくないのは頑張っても続きそうもありません。しかしこんなにも簡単に出る方法があったとは・・・。

 

う~~ん、悩むところです~。

 

玉ねぎヨーグルトを使ったアレンジレシピ

 

 

玉ねぎヨーグルトはまずかったのですが、自然なお通じの快感からは私は気持ちがなかなか離れません・・・。

 

お通じって本当に大切ですからね~。

 

便秘薬の常用にはなりたくないけれど、年齢を重ねていくうちについつい使うことも増えてきました。

 

もともと私たちの体は便秘薬に頼らなくても毎日の自然な排泄はできるはずなのでしょうが、暴飲暴食、運動不足、腸内環境の悪化などetc・・・

 

さまざまなことが重なって出るものも出にくい体になっているようです。

 

ならば、玉ねぎヨーグルトは腸内環境を整える意味からも、とてもいいものです。

 

まずいならば、玉ねぎヨーグルトを使ったアレンジレシピで体内に入れるというのも一つの方法ですよね。

 

そのまま食べなくても、食べ方をいろいろ工夫すればいいわけですよね。

 

玉ねぎヨーグルトを使ったアレンジレシピはこの本に載っています。

 

また私は、玉ねぎヨーグルトを食べた時に、納豆の臭みが特に合わなかったので、納豆の組み合わせなければ随分違ってくるかもしれませんし

 

苦味に関しては、玉ねぎを包丁でカットするのではなく、スライサーでより細めにして、そしてもっと長い時間空気中においておくと違ってくるような気がしました。

 

というわけで、納豆なしの玉ねぎヨーグルトはこれからも続けてみたいと思います。

 

今回はダイエット効果がよくわかりませんでしたが、続けていくうちに変化があるかもしれませんね。

 

しばらく続けてみた結果については、このブログでまたお知らせ致します^^