人間生きていくうちには悩みはつきものですよね。

生まれてこのかたストレスを感じたことがないという人は、

まずはいないでしょう。

 

 

ストレスというものは適度なストレスなら良い刺激剤ともなって

「よ~し、負けるものか」と向上心をかきたててくれ

自分の成長にも繋がり良いものかと思いますが、

 

 

多くのストレスの場合には結構しんどいものが多く、

そのためストレスに押しつぶされそうになり

不安、イライラが募ってきたり疲れが抜けなくなってきたり

ひどくなると鬱症状まで出てくることがありますね。

 

 

そうならないためにも、今回は私の場合のストレス解消法

ご紹介したいと思います。

 

 

 

あくまでも私がやっているストレス解消法なので、それが全てではありませんし、

個人的な1例にすぎず、絶対的とか正しいとかそういうつもりはありませんので、そのところをご承知くださいね。

 

スポンサーリンク


 

かおり子のストレスの原因を知ると・・・

 

 

50代も後半のかおり子の場合は3人の子どものうち2人は独立して既に家を出ていまして、現在はもうすぐ二十歳になる息子がいて夫との3人生活です。

 

 

上の2人が既に手が離れたせいか、昔いろいろと悩んだ子育ての悩みというものは、今はあまり感じていません。

(全然悩みがないわけではないのですが、上の子どもたちの時の経験で少しだけ余裕ができたのか?悩みがあっても、「大丈夫だから!」という気持ちのほうが優先してるので助かってます)

 

 

で、どんな時にストレスを感じるのかな?と自分の内面を見つめてみると・・・。

 

 

私の場合は以下のようなことでした。

 

・夫の日常生活でのマナーが悪いこと

(片付けないとかete←今流行りの夫源病? 苦笑)

 

老後の貧困という言葉があるが自分たちは大丈夫か不安?

 

・職場での仕事内容が本来の自分のしたいこととズレがある

スポンサーリンク


 

・家事や仕事で自分自身のための時間がゆっくりととれていない

 

 

上記のことは、一見たいしたことがないようにも見受けられるかもしれますが、当の本人にしてみれば毎日のことなので、結構なストレスにもなっています。

 

 

それで、ストレスの原因になることは少しずつ対策を考えて行動するとして、自分自身でのメンタルケアを重要視したいと思いました。

ちょっとオーバーですが脳ストレスが消える生き方をしよう!と。

 

 

実際の脳ストレス解消法についてはこちらの記事をどうぞ。

↓↓↓↓↓↓↓↓

脳ストレスからの解放

 

 

 

 

脳ストレスが解消されていくと・・・

 

 

脳ストレスが減少すると不思議なのですが、同じような出来事でもストレスの感じ具合が違ってくるように思いました。

 

 

 

例えば、

旦那に対して、いつもだったらイライラを感じて、カァ~~~炎!!となるところが

「まぁ、いいか~~~」と穏やかに捉えられ、

後から落ち着いた言葉で夫に伝えることができたり。

 

とか~

 

今はこの生活環境を急激に変えることは経済的に無理なので、お給料をもらう毎日を続けざるを得ない。

 

この仕事が嫌なわけではないけれど、自分がしたいこととのズレは、自分しか分からないことなのでストレス。

 

 

そういう場合にも脳を一旦リセットさせて開放感を味わうと、堂々巡りの思考から抜け出し違った出口が見つかったり、もしもすぐに見つからなくても元気が出てくるようですね。

 

 

人生において希望とは本当に大切なものだと思いますね。

 

 

先ほどお伝えした実際に私が行っているストレス解消方法の記事はこちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓

脳ストレスからの解放

 

 

スポンサーリンク