以前近くの花屋さんでローズマリーの100円ポットを購入しました。何気なく買ってきたので、ただ置いておくのもどうかな?と思い、たまたま家にあった薔薇との寄植えをしてみました!

 

 

そうしたら100円のローズマリーのポットが今ではこんなに成長しました!!

というか、ほとんど野放し状態です(苦笑

 

 

 

ローズマリーを育てるのって意外と簡単なのですね!

 

 

と思っていたら、ナント私の知り合いはすぐに枯れてしまったというではないですか?

 

 

ローズマリーは育てやすいハーブとはいいますが、育て方や環境を誤るといとも簡単に枯れてしまうハーブでもあるらしいのですね。

 

では私の場合の揃った好条件とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク


 

元気なローズマリーの育て方

 

我が家のローズマリーは放っておいてもドンドン生育しました。ほとんど手付かずといった状態でしょうか~。それなのになぜ枯れもせず?それには理由がありました。

 

ずぼらな私でも大丈夫だったローズマリーが喜ぶ育て方が何となく分かってきたような気がします。ではどうぞ~^^

 

(・・・とはいえ、好き放題に伸びすぎであまりにも手抜きすぎかもです・・・苦笑)

 

 

 

■表面の土壌が乾いたら水遣りをする

ローズマリーは乾燥に強く湿気に弱い植物です。なので水分を十分に与えすぎると枯れてしまうのです。何だか親子関係みたいですが・・・(汗

 

過保護にし過ぎることで弱くなって駄目になってしまうタイプのハーブのようです。

 

そういえば・・・酷暑まっさかりの日差しカンカン照り、暑い夏に信号待ちをしてるとき、道路に沿って植えられていたローズマリーは暑さなんて何のその!といった感じでメッチャ元気でしたものね。

 

 

日当たりのいいところで育てる

お日様によく当たるところが好きなようです。日照不足が好ましくないようです。とはいえ一説では、ローズマリーは半日陰でも育つとはいわれています。

スポンサーリンク


 

しかし日陰だと水遣りをしたあと土壌が乾きにくくなってしまうかもしれません。そうなると湿気に弱いローズマリーにとっては辛い環境になってしまいます。やっぱり風通しと日当たりの良い場所に置いてあげましょう。

 

また育ちすぎて密集した時には、剪定をしてあげて風通しが良くなるようにしてあげてください。

 

 

■肥料のやりすぎ

ローズマリーは乾燥にも強く、また栄養がないような土地でも十分に育っていく生命力みなぎるハーブです。過保護すぎる水やりが枯れの原因にもなってしまうように、肥料もあげすぎると枯れてしまうのですね。

 

 

 

■おわりに

 

 

(↑我が家から見た今日の青空)

 

ローズマリーのある生活はいいですよ!花は薄紫色の可愛い花が咲きます

 

美観や香りだけではだけではありません。ローズマリーはお料理にも使えるし、シャンプー、コンディショナー、トニック、お掃除・・・などなど生活の一部として大変役立ってくれるものです。

 

安全でエコでしかも豊かな気分になれますね。

 

こちらの記事もよかったら合わせてお読みください。

ローズマリーを料理に使いたい / 使い方簡単なのに超美味!

ローズマリーで育毛 / 抜け毛対策に効果的な訳とは?

 

家の中を整理して不要なものを捨て断捨離しながら、良い気を取り入れるにはハーブのある生活は心豊かな日常の入り口かもしれません。

 

 

あっ、そうそう余談ですが、ローズマリーの別名は「海のしずく」です。何てかわいらしい♪小さくて可憐でまるでローズマリーの花そのもののようですね。

 

また「マリア様の薔薇」ともいわれています。祝福にも欠かせない聖なる植物として昔から宗教儀式にも使われていたようです。

 

 

そんなローズマリー、よかったあなたも是非ローズマリー育ててみませんか?(^^)

 

 

 

 

スポンサーリンク