離婚にはお金もかかりますが、新しい生活のために住む住居をもさがさなければなりません。

 

また持ち家を売却することになった場合には双方が家探しをすることになりますね。

 

もしも専業主婦であるあなたが離婚後に無職で賃貸住宅を借りるというときにはどのようなことが待っているのでしょうか?

スポンサーリンク


離婚後の住居は公営住宅がお勧め

 

 

離婚後に住む住居としては家賃が安い公営の市営住宅や県営住宅などがいいですね。

 

しかし、公営は入居希望者も多いのでなかなか抽選には当たらないのが現状のようです。

 

そのために当選するまで何度もトライしてみる必要があります。

 

で、当選するまでは民間の賃貸住宅を借りることになります。

  • 無職の専業主婦が賃貸に住宅を借りるには?

 

 

離婚後に民間の賃貸住宅を借りるさいに、ここでも難問です。無職で借りる場合にはなかなか貸してもらうことが難しいというのが実情のようですね。

 

例えば貯金が数百万あったとしても、仕事があり安定した収入がなければ基本的には貸してもらえないようです。

 

不動産会社から所得証明の提示が求められるんですね。

 

ただし、一般的にはそうなのですが、そうではないところも結構あります。

 

その場合には身内の保証人がいるということが求められます。所得がしっかりと安定しているといいことが保証人の条件です。

 

保証人がクリアできたら審査に通る可能性が高いです。

 

とはいえ例外的に、不動産屋さんによっては保証人がクリアできていても貸してもらえないケースもあるようです。

 

そういう場合には、他の不動産屋さん、を当たってみると案外すんなりいくこともあるようなので簡単に諦める必要はありませんよ。

スポンサーリンク


 

保障会社を通せば保証人不要?

 

 

どうしても身内に保証人になってくれる人がいなかったり、またはいたとしても安定収入がないといったために保証人として認めてもらえない場合には、保障人の代わりに保障会社を付けることで賃貸物件の審査が通る場合もあるようです。

 

不動産屋さんが保障会社を通せばOKといわれたら、そういうことです。

 

しかしなかには、保証人と保障会社の両方が必要という厳重な規約の不動産屋さんもあるようです。

 

そのあたりも不動産屋さんによってさまざまなようなので1箇所でダメだったかたと凹むことはありませんよ。

 

保証人と保障会社の両方が必要とするのは、世の中高齢化が進んできて、保証人の人も高齢になるので、借りる時には保証人として十分に認められていても、いつ何時保証人として認められない状態になるともかぎらなくなるための措置でもあるようです。

 

保証人不要の賃貸物件

保証人がいない人の場合、保証人不要の賃貸物件を専門に紹介している不動産仲介業者もあるので、そういうところから探してみるのもいいかもしれません。

 

例えば・・・

 

いい部屋ネット

大東建託が運営している不動産会社です。保証人や保証会社も不要で仲介手数料が半額もしくは無料や更新費用がないなど謳っています。

約8割が自社物件らしく、そのために仲介手数料が安いor無料になるのですね。

 

◆スマイティ

価格を比較する際に私もよく利用させてもらっているカカクコムが運営する大手の賃貸サイトです

 

◆SUUMO

広告や人材紹介などの情報サービスを手掛けているリクルートという巨大企業が運営しています。

おわりに

 

 

離婚はさまざまな難問がついてまわりますね。しかしそれを踏まえたうえで、どうしても離婚をしたい!と決意したからには、その一つ一つを越えていく必要があります。

 

難問はありますが、その後の幸せを目指して頑張りましょう!

 

幸せになるための離婚なら頑張れるはずですね!

 

1度限りの人生ですから、あの時ああしとけばよかった!と思うことのないようにできるかぎりを尽くしてみると自分に対して後悔は残らないのではないでしょうか~(^^)

スポンサーリンク