認知症といえば高齢者を思い浮かべますよね?もしもこの記事を読んでくださっているあなたが

 

「わたしはまだ若いから大丈夫」

「認知症とは防ぎようがないものだ」

 

そう思っている方はこの記事がお役に立てるはずです!

 

スポンサーリンク


 

実際に認知症になる10年~20年くらい前から脳の中では既に認知症の準備が始まっているらしいですよ。アルツハイマー認知症などは突然になるものではなく水面下で徐々に忍び寄っているところが怖いものです。

 

 

認知症の原因物質といわれているアミロイドβ―やタウというタンパク質が、ナント50歳以前から私たちの体のなかでは蓄積され、しだいに増殖しているというのが現実だそうです。

 

 

若いと思っていても認知症になる準備は既に始まっているということです。

 

 

ただ、アミロイドβ―やタウというタンパク質の蓄積、増殖が起きていても、私たちの体はそれを分解できているからすぐに発症しないのですが、色んな要因でその分解がうまく行なわれなくなってくると発症が早まってしまう可能性は大になります。

 

 

そんな中、認知症予防やケアにアロマセラピーは大変効果的だと昨今の調査でもエビデンスが出てきはじめました。

 

心地よい香りに癒されながら認知症予防ができるとはナント素敵なことでしょう。ではご紹介しましょう!

 

 

なぜ認知症予防にアロマセラピーが効果的なの?

 

 

 

認知症の予防やケアにアロマセラピーが役立つといわれていますが、それには理由があります。ひと言でどのような理由かというと「嗅神経」がキーポイント!なんですね。

 

なぜ嗅神経かというと、先ほどお話した認知症の原因物質が脳にたまってくると、まっさきに嗅神経がダメージを受けてしまうからだそうです。

 

 

嗅神経といえば鼻から嗅いだ香りの情報を脳に伝える神経細胞ですが、その神経細胞がダメージを受けることで、香りが伝わるルートでもある海馬というところも影響を受けてしまい、ナント海馬といえば記憶に関係するところです。そういうわけで記憶障害が起きてしまうというしくみです。

 

 

しかし、喜ばしいことに嗅神経は刺激を受けることで再生が可能な神経で、そこでアロマセラピーの効果が発揮されるわけです。

スポンサーリンク


 

朝は1日の始まりに適したアロマの香りを、そして夜はリラックスして安眠を誘う香りを嗅ぐことで生活にメリハリやリズムが付きながら嗅神経が刺激を受けます

 

そのうえこのような生活のリズムというものはサーカディアンリズムといって本来、人に備わっている体内時計も活性化させることができるといった何重ものメリットが出てくるらしいのですね。

 

このことは鳥取大学での研究グループで既に認証結果が出ているそうです。

 

認知症予防にアロマを使ってみよう(実践編)

 

 

 

では早速、認知症予防のためのアロマセラピーの実践編に移りますね。

上記の動画が分かりやすいのでまずはご覧ください。

 

 

認知症予防のアロマの精油の組み合わせと配分は以下になります。

■昼間適応の香り

・ローズマリーカンファー 2

・レモン 1

 

■夜の香り

・ラベンダー 2

・スウィートオレンジ 1

 

 

昼間は交感神経を活性化させる精油を使っていますし、夜は副交感神経を優位にさせる精油使用となっています。

 

ローズマリーカンファーやレモンは、どちらも目覚めにぴったりな爽やかなリフレッシュ効果もある精油です。集中力や記憶力の向上にもいいですね。

 

またラベンダーやスウィートオレンジの精油はゆったりとした鎮静効果のある精油です。不安の減少や不眠症などにもいいですし、安心した穏やかな気持ちにもさせてくれます。

 

 

日常生活で使用するには、昼間はティッシュに垂らしてポケットなどに入れておくのも良いかと思いますし、夜は精油を垂らしたティッシュを枕元に置いてもいいですね。

 

その他、最近ではペンダントに精油を入れておけるような便利なグッズも販売されているようです。

 

 

おわりに

 

 

認知症予防のためにアロマセラピーを導入して精油入りのペンダントをされている鳥取県の山下さんご夫妻は、アロマセラピーを試してから1年後に検査をしたところ旦那様は3→1、奥様は4→2というぐわいに数値が改善されていたそうです。そしてその数値はそれから1年後も保ったままだといわれています。

 

 

昨今では65歳の4人に1人が既に認知症もしくは認知症予備軍といわれる時代です。自分の体は早い段階から予防をして認知症にならないように、もしくは少しでも遅らせれるようにしたいものですね。

 

 

認知症の予防には、とにかく脳を活発に使うことが効果的です。もう歳をとったから~と、やりたいことに制限をかけることはしないようにして興味のあること、楽しいことにはドンドン積極的にチャレンジしてみるのが何よりもの予防&治療になると思います。

 

 

そして常に良い香りに包まれていたら嗅覚神経も刺激されて更に良いケアになることでしょう♪

スポンサーリンク