ある日歯磨き中に舌にゴロッと何やら異物を感じました。確認してみるとそれは上の歯に被せていた銀歯の被せ物でした。被せが外れて取れてしまったわけですね。

 

 

被せが外れてその下にあった歯が丸出しなので、これは悠長なことを言っていられない、早く歯医者さんに行かなければ!という気持ちになりました。

 

 

聞くところによると外れてしまった被せ物は、そのまま歯医者さんに持っていったほうがいいらしいので、とりあえず持参しようと思います。

 

スポンサーリンク


ダメな歯医者の見分け方

 

 

 

ただここで気になるのは、「歯医者さん選び」です。

以前、何げなく家の近くというだけで飛び込んだ歯医者さんは説明の仕方がいまいちわかりづらかったです。

 

その歯医者さんがおっしゃるには保険診療となると出来る範囲が限られてしまうということらしかったようですが、保険診療以外ではどのような治療法があって負担額はどのくらい等、つっこんでお聞きしたにも関わらず全くスルーでしたね。

 

その日は、何とも煮え切らない気持ちで帰ってきた記憶があります。

 

 

たまたま近所の奥さんと立ち話をしてる時に、その歯医者さんの話がしたのですが、その奥さんも私と同じような経験をしたそうで、説明がいまいち理解しにくかったようです。

 

そして私たち主婦仲間の話しの締めくくりとして、「あの歯医者はやめといたほうがよさそうね!」と、お互い納得(汗

 

 

今回は知り合いから何軒か、知り合いおススメの良い歯医者さんを教えてもらったので、事前に口コミなどをチェックしてその中からどこかの歯科を受診しようかと思います。

 

 

上手な歯医者さんの選び方

 

■わかりやすいカウンセリングをしっかりしてくれる

カウンセリングをしっかりとしてもらえると、患者の要望をより正確に把握してもらえでしょうが、医者主導で患者の話をあまり聞かないようだと仕上がりも思ったようになりにくいでしょう。話しやすく受け止め力のある先生かどうかもチェックですよ。

 

 

■自分がしてもらいたい治療が医師の得意分野かどうか?

歯科医の先生の中でも得意分野とそうでないものがあるようです。例えば、虫歯歯周病口腔外科矯正歯科審美歯科などさまざまです。

 

自分がやってもらいたい治療が先生の得意分野だと結果、満足のいく治療になりやすいと思います。またそれらの治療に付随する最先端の医療機器が置いてあるかどうかも大事ですね。

スポンサーリンク


 

 

 

■担当歯科医の経歴や経験

経験豊かな腕の良い先生に治療をしてもらいたいですよね~。先生がこれまで経験してこられた経歴など、どれほどその道に熟練されているか、そのあたりも確認しておいたほうが良さそうです。おおむね公式ホームページを見れば、医師のこれまでのプロフィールは分かります。

 

 

■料金体制が明確

歯科によって料金体制にばらつきがあるようです。治療費を支払う際に意外にも高い請求だったら驚きますね。料金が提示されていると支払いにもそう驚くことはないでしょう。

 

 

■予約したのに待たされる?通う回数が多い?

予約したのに長い時間待たされるとゲンナリしますよね。治療によっては多少の遅延はあったとしても、あまり誤差がないところがいいです。通院に関しても、何度も通わなくてはいけないのも忙しい現代人にとっては困りもものです。またこれは最低限当然なことですが、治療室全体を見渡して清潔感があるかどうかも大事ですね。

 

 

 

おわりに

 

歯科に行く際に幾つかの項目をチェックしていくとあまり失敗というか、後悔はないのではないでしょうか?

 

また、あらかじめ自分の場合はどのような治療になるのか治療方法を調べておくと担当の歯科医の先生とのカウンセリングもよりスムーズにいきやすいはずです。

 

ちなみに今回の私の外れてしまった被せ物ですが、新たに受診した歯科医の先生は再利用をしてくださいました。被せ物の下の歯が虫歯にも なっていなかったのもラッキーだったようです。

 

なので治療費も初診にも関わらず1,290円と想像以上メッチャメチャお安かったです。

 

 

 

その先生は大変話しやすく、こちらが質問したことに対しては、きちんと答えてくださっていたので安心しました。

 

 

次回は前歯の治療です。私の前歯欠けてしまって見栄えが悪いんです。詳しくは次回にまた~。

前歯が欠けた!保険適用で白い歯にしたいな

スポンサーリンク