ぽちお菓子無印のお店で見つけました。

 

ぽち?

一瞬、ぽちとは?、頭のなかで浮かびましたが、すぐに納得できましたよ。

 

例えば、感謝の気持ちを相手に添えたいけど、たいそうなものをわざわざプレゼントすると、相手を恐縮させてしまうことってありますよね~。

 

そんな時に、両者(もらう側も渡す側も)両方ともに気を使わずに、受け渡しがしやすい、そういうちょっと気持ちを伝えるツールとしても役立ちそうなのが無印のぽちお菓子シリーズなのです。

 

どのお菓子もお値段は100円~120円で、このあと見ていただくとわかるのですが、た~くさんの種類があります。

スポンサーリンク


 

ぽちお菓子ネーミングの由来

 

ぽちって可愛いネーミングですよね。無印さんもこのように言っておられます。

 

無印さんより引用

日本には古くから「心付け」「寸志」と言った感謝の気持ちを伝える習慣があります。そんなシーンで使われてきたのが「ぽち袋」。「ぽち」には「小さい点、少しだけ」と言った意味があり、「ささやかな」気持ちを込める小袋です。そんなふうに、お菓子で気持ちを伝えられたらと、小袋に詰めて、「ぽち袋」と名付けました。

 

 

そういえば日本は昔から、ちょっとしたお返しのやり取り、そういうのがお互いのコミュニケーションに大変役立っていましたよね~。

 

そう、ちょっと、がいいのです。もらう立場の人も渡すほうも両方にとって、ほんのわずかを添えられるものがいいのです。

 

無印 豆乳ビスケットの味は?

 

今回わたしは、無印のほんの気持ちのぽちお菓子シリーズの中から、試しに豆乳ビスケットを買ってみました。

 

 

 

ひとつ手にとるとこんな感じです。かわいらしいですよね~。

 

 

ちょっとだけお皿に取り出してみました。

スポンサーリンク


 

 

無印の豆乳ビスケットは、生地に豆乳を練りこんで、そこにカルシウムを加えて焼き上げたものです~。ざっくりと焼き上げていて、口に入れるとやさしい口当たりで、数回噛むと唾液で溶けるようです。

 

味に癖がないのでいくらでも食べれそうです。わたし的にはまずいという感覚は全くありません。

 

あそうそう、何か他のビスケットとは違う感じがするのは、もしかしたら豆乳のせいかもしれません。まろやかだけどヘルシーな感じがしましたね。

 

豆乳ビスケットの材料&カロリー

 

材料は以下になります。
国産の小麦、国産のてんさい糖、ショートニング、マーガリン、豆乳、転化型液糖、加糖脱脂れん乳、食塩、卵、膨張剤、焼成Ca、乳化剤、香料、カロチン色素

 

 

 

1袋(70g)におけるカロリーは、362Calです。軽い口当たりだからといって、ついつい食べ過ぎると太ってしまうので、そこは注意が必要ですね。

 

無印のぽちお菓子シリーズは種類が豊富

 

このぽちお菓子シリーズは100円~120円と安価なものが50種類もありましたね。100円くらいという値段は、まさにぽちにぴったりですよ!^^

 

 

 

50種類もあると選ぶのに迷うかな?とも思いました。

 

はい、確かに迷いますし目移りもしますね(^^)

でも、渡す相手を想定しながら相手が喜んでもらえそうなものを探すのは意外と楽しいものかもしれません。

 

 

よかったらあなたも無印良品のお店に、一度現物を見に行ってみられませんか?

スポンサーリンク