今回はクエン酸スプレー水の作り方をご紹介したいと思います。クエン酸は水垢を落とすのに大変役立つほか、トイレの消臭や抗菌黄ばみや、それにこびりついたあの尿石なども分解してくれるすぐれものです。

 

しかも自然界や人間の体内にも存在するものなので、エコで安全というのもいいですね。河川や海に流れていっても自然に戻るので地球を汚す心配もありません。一つ作っておけば家の中のいろんな場面で大活躍です。

 

重曹とクエン酸があれば、もう沢山の種類の洗剤を買う必要もありませんよ。

 

ではさっそくクエン酸スプレー水を作っていきましょう。

スポンサーリンク


 

クエン酸スプレー水の作り方

 

■用意するもの

・クエン酸(10~15ml)

・空のスプレー容器

・水(300ml)

 

 

  • 今回は300mlのクエン酸スプレー水を作りたいと思います。
  • 割合としては、水100mlに対してクエン酸小さじ1/2~1です。

 

①まずクエン酸とクエン酸スプレーを入れる空容器を用意します。クエン酸も空容器も100で購入したものです。

 

 

 

クエン酸を10~15ml用意します。私は今回小さじ3杯(15ml)用意しました。濃度は汚れ具合によって調整してください。

 

 

③スプレー容器にクエン酸を入れます。ロートがあるとこぼれずにいれやすので便利ですね。しかしローとが無ければ普通の紙をクルクル巻けば即席ロートができますよ。

 

スポンサーリンク


 

 

④クエン酸を空容器に入れたら水を300ml入れます。

 

 

⑤よく振ってクエン酸スプレー水の出来上がり!この写真のクエン酸水は半量ぐらいしかありませんね。実はすぐに使いたくなって写真をとる以前に使ってしまったのです(汗

なので、本来はもっとたくさんありました。

 

おわりに

えっ、作ったばかりのクエン酸水をいったいどこに使ったか?って。実はですね、トイレの黄ばみが気になっていた私は、できたら真っ先にトイレに行ってシュシュとしてしまったわけです。

 

トイレの黄ばみや尿石などはクエン酸水をかけて、しばらく置くと汚れが分解され、簡単に取れるときいたものですから、も~我慢できずにいち早く使ってきました(苦笑

 

その様子は写真で後ほどアップさせていただきますね。

 

今回のクエン酸水スプレー重曹スプレーと並んで、とっても簡単にできますでしょう?!

 

この両者は酸とアルカリといったそれぞれが違った役割を果たすので最強です。

※重曹スプレーのことはこちらの記事をお読みください。

 

重曹とクエン酸があれば家のおおまかな汚れは落とすことができるはずです。両方を使いわけるといいことですからね~。

 

たくさんの洗剤はもう必要ありません!

 

しかもエコで人にも地球環境にも優しい自然界のものとは、ホント素晴らしいですね。

 

《危険》クエン酸を使用する際のやってはいけないこと

 

補足として、これだけはお伝えしておきたいことがあります。

 

クエン酸に塩素系の漂白剤を混ぜて使用することは絶対にしてはいけません。なぜなら、科学的に有毒ガスが発生するからです。

 

以前にお風呂のカビ取りで主婦が亡くなったというニュースもありましたよ。

 

市販の塩素系の漂白剤にも「混ぜるな、危険!」と書いてある表示を見られたことあるかと思います。

 

このことだけは、忘れずにいてくださいね!

スポンサーリンク