甘酒といえば最近では「飲む点滴」といわれるぐらい栄養価が高いといわれていますね。

 

発酵食品の効果が注目をあびるようになった追い風もあって、色んな種類の甘酒をスーパーやドラッグストアーなどでも見かけるようになりました。

 

私もそんな甘酒に興味深々で、ここのところ自分でもつくり始めました。

 

甘酒の作り方といっても酒粕で作るやり方や、麴菌から作る方法があります。原材料や作り方にも違いがあるのですね。

 

私はアルコール臭が苦手なので酒粕から作った甘酒はいまいち好きになれません。そのためいつも作るのは麴菌からの甘酒です。

 

こちらは砂糖を全く使っていないのに、ほんのり甘さがあって飲めば体の芯まで温まるようで、大好きなんです^^

 

今日はそんな麴菌からの甘酒を炊飯器で手軽に作ったのでご紹介しますね。

スポンサーリンク


アルコールなし麹菌甘酒の作り方

では早速、麹菌からの甘酒を作ってみましょう。

 

〇麹菌甘酒を作るのに用意するもの

麴菌 200グラム

米 1合

 

  • ①炊飯器でお米を1合、おかゆコースで炊く

 

 

  • ②麹菌を用意しておきます。袋から取り出してパラパラ状態に砕きます。
  • (私はスーパーで購入しました。300円くらいだったかなぁ)

 

 

 

  • ③炊き上がったおかゆは熱々なので温度を下げます

(麹菌を発酵させるためには60℃くらいの温度が望ましいので、おかゆに1.5カップ強ぐらいの冷水を入れます。50℃以下にはならず、できれば55℃~60℃くらいにして下さい。)

 

  • ④おかゆの温度を確認します。

(冷水をいれたので約60℃くらいになりました)

 

  • ⑤おかゆに麹菌をいれます。

 

 

⑥しゃもじで混ぜたらこんな感じ~

 

 

  • ⑦炊飯器に布巾をかぶせ、炊飯器の蓋をせずに保温のスイッチを入れます。

(その後、このまま約5時間放置しますが、1~2時間ごとにしゃもじでかき混ぜます)

スポンサーリンク


 

 

 

  • ⑧1時間後はこんな感じ

  • ⑨3時間後はこんな感じ

 

 

  • ⑩5時間くらい経過したらできあがり。
  • (最後にタッパーに入れて粗熱をとり冷蔵庫に入れました)

 

炊飯器でちょっとオコゲができましたが、これも香ばしいかんじでいいですよ♪

甘酒のアレンジレシピと保存期間

出来上がった甘酒はドロ~としたいわば濃縮の甘酒になりますので薄めて飲まれるのがいいかと思います。

 

例えば割るのは水だけでなく、豆乳、ヨーグルトなどもいいですね。いろんなバリエーションだと更に楽しめますね。

 

手作り甘酒の保存期間ですが、保存方法や出来上がった甘酒にひと手間加えるかどうかでも違ってくるようですよ。

 

今回の私のやり方で作った甘酒は、出来上がったそのままでの冷蔵保存で約1週間くらいの日持ちです。

 

もう少し長く持たせたければ、出来上がったあとに鍋に移し、5分くらい火にかけると2週間~1ヶ月くらい冷蔵庫で日持ちします。

 

更に長く日持ちをさせたければ、出来上がった甘酒を冷凍保存すれば3ヶ月くらいは持つようですし、火を入れてから冷凍すればもっと長く持つようです。

 

※しかし、ここで疑問!

出来上がった甘酒を火にかけると日持ちが長くなるのはいい事ですが、私的には火にかけることで酵素がなくなってしまわないか心配です。

 

冷凍は麹菌が眠るだけだから死なないと思いますが、火を入れて高温にしてしまうと、せっかくの発酵した酵素が死滅してはもったいなさすぎ!といった気がしています。

 

この件に関しては、本当のところどうなのかが私には分かりません。この記事を読んで下さっている方に申し訳ないです。

 

でも麹菌を発酵させるときに60度以上にならないようにする理由が、それ以上の温度だと発酵がおこなわれなくなるということから考察すると、酵素が熱に弱いためだということが分かります。

 

なので私は出来上がった原液の甘酒を飲むときには水を足して火にかけるのですが、そのときには50度~60度くらいの温度にし、60度位以上にはならないようにしています。

 

温度の目安として、私的にすご~く大雑把なやり方としてはですね、お風呂の温度をイメージしています。

 

お風呂の温度がだいたい42度くらいなので、それよりも温かくしてもいいんだ!といったかんじです。

 

せっかく作った甘酒の酵素が死んでいたら何のために作ったかわからなくなりますね~。

 

※補足 市販の甘酒は既に熱処理がされているので栄養面ではあまり期待できないようです。少し手間はかかりますが、やはり自分で作ったものがしっかり酵素も補え栄養面でも優れていて安心ですね。

栄養豊富な甘酒

甘酒はビタミンB1、B2、B6や鉄分、ミネラルなども豊富でヘルシーです。飲む点滴といわれるのも納得ですね。

 

 

私はもともと便秘気味なのですが、麹菌で作った甘酒を飲んで寝た翌日はお通じがいい感じですよ!腸内環境がよくなっているのかなぁ~と感じています。

 

発酵食品というものの良さをつくづく感じ、ますます興味がわいています。

 

そういえばにんにくを発酵させて作った黒にんにくもいいですね!発酵力はすごいです。にんにくがまるでプルーんのようになりますからね~。

 

黒にんにくの作り方や効能なども後ほどご紹介しますね!

 

スポンサーリンク