暴飲暴食をした翌日などで排便サイクルが狂ってしまうことってありますよね。通常だったらあるはずの排便がうまくできない(苦!

 

 

便は出口あたりまで来ているのはわかるのだけど、いきんでも出てこない!このような経験は誰でも1度はあるのではないでしょうか?

 

 

この出そうででない!この感覚、実に気持ちの悪いものですね。

 

 

このような時にはいったいどのような対処方法が有効なのでしょうか?またどのようにすれば固くなった便を出すことができるのでしょうか?

 

便が硬くなる理由

 

 

まず便が固くなる理由を知りましょう。固くなるにはわけがあります。あなたは無意識にそういうことをやっていませんか?

 

・水分をあまりとっていない

水分量が少なすぎると便も固くなってしまいます

 

・便が固くなってしまうような食事をしている

肉食中心で食物繊維の多い野菜や海藻類をあまり食べない

 

・便が腸内に滞留しいてる

便秘で何日も排便がない間水分が吸収されてしまうために便が固くなります。腸の蠕動運動が弱くなると腸内に便が留まりやすくなるので悪循環ですね。

 

固くなった便を出す方法

 

いったん便が固くなるとなかなか出しにくくなりますね。でも出さないことにはもっと固くなります。だからといっていきみすぎると肛門が切れてしまうこともあるので無理ないきみは禁物です。

 

・お腹のマッサージを行なう。

よく「のノ字」を書くようにマッサージをすると良いといわれていますね。それに加えてですが、先日テレビでもペットボトルを使ったお腹のマッサージを紹介していましたが、それも良いので是非取り入れてみて下さい。

 

やり方としては、おへそから指3本横のところは天枢というツボだそうで、そこの刺激が便秘に良いので水を入れたペットボトルを天枢に押し当てます。腸の刺激になって排便を催します。

 

・ウォシュレットを使い温たかいお湯をおしりにかける

温かいお湯を肛門に噴射することで肛門括約筋といって排便をするところの筋肉がゆるむそうです。

 

・浣腸を行なう

浣腸は直腸あたりの出口近くまで便が降りてきている場合有効です。ただし浣腸も一時しのぎのなので、習慣性にならないように便秘体質を解消することを優先させましょう。

 

・肛門からツルリと無理なく便がでやすくなるサプリを飲む

病院に行く選択以外でどうしても出ない場合には、あまりお薬は推奨したくはないのですが、出口で固まった便をオイルでつるんと出すサプリもあります。

 

小林製薬 「オイルデル」

 

便が固くならないようにする方法

 

便が硬くならないような生活を習慣化することで固くなった便を出すことにやっきにならなくても大丈夫になります。

 

・便が柔らかくなる食べ物を摂取する

ひじき、ゴボウ、レタス、ワカメ、かぼちゃなどの食物繊維豊富に含んだ食べ物とともにヨーグルトなどの乳酸菌やキムチや漬物などの発酵食品を摂取する

 

・適度な運動をする

運動不足だと腸の動きが悪くなりやすいです。

 

・ストレスを溜め込まない

腸は第二の脳といわれるぐらい精神状態に敏感に反応をします。ストレスで腸の動きも悪くなるし、リラックスしないと通常排便はできないものです。

 

便意を我慢しない

便意を我慢する癖がついてしまうと便意を感じなくなってしまいます。せっかくの便意を逃すたびに便は固くなるので我慢は禁物です。

 

・オリーブオイルを大匙1杯くらい摂る

便がスルッと出やすくなります。オリーブオイルが潤滑油になるのですね。

 

おわりに

 

 

 

 

便秘とは苦しいものですね。お腹が張ったり、ガスがたまったりするだけでなくお肌や精神状態にもよくありません。

 

便秘にならない生活習慣と体質改善を心がけましょうね。

 

便秘解消にはなくてはならない生活習慣の見直しと、実際にマッサージをする際に分かりやすい動画などはこちらの記事がお役にたてるはずです。ご覧くださいね!

■便秘改善は生活習慣の見直しから / 腸を元気にしよう!

■便秘解消にお腹のマッサージをしよう!詳しいやり方実践編!