かかとってちょっと気をぬいていたら、あっという間にガザガザひび割れになったりしませんか?嫌ですよね~。ほおっておいたらそのうちひどくなってきて、ストッキングがすぐに破けてしまいますし、靴下だってひかかってなかなか履きづらい時もあったりなんかして・・・。

 

そうならないためにもかかとのケアは大切ですね!

 

今日はアロマの精油と蜜蝋(ミツロウ)を使って特上の贅沢保湿クリームを作ってみたいと思います。超簡単!あっという間にできちゃうので是非お試しくださいね。

 

かかとガザガザひび割れ対策用クリームの材料

 

蜜蝋(ミツロウ)といえば、蜂が巣をつくったあとに残るもので、安全で肌にやさしく栄養価の高いものです。肌に対しては保湿&修復作用があって乾燥肌には特にいいですよ。ガザガザのひび割れたかかとなどにはもってこいです!

 

また蜜蝋にアロマのエッセンシャルオイルが加わることで精油の薬理作用と香りの相乗効果で、より一層贅沢なアロマ保湿クリームが出来上がります。

 

 

■用意するもの
・蜜蝋  5g
・精油  カモミールローマン 2滴
     ラベンダー  2滴
     オレンジ  2滴
・キャリアオイル  マカダミアナッツオイル 25ml
・空容器 できればプラスティック容器ではなくて瓶か缶の容器
・竹串or楊枝

 

★蜜蝋(ミツロウ

お店にもよりますが、50グラムだと500~700円くらいで販売されています。

 

★精油(エッセンシャルオイル)

精油に関して今回はカモミールローマン、ラベンダー、オレンジを使いましたが、無い場合には他の精油で代用しても構いません。お好きな香りで作るのもいいですよ。

 

★キャリアオイル(マカダミアナッツオイル 25ml)

キャリアオイルとはベースになるオイルのことです。今回はマカダミアナッツオイルを使用しましたが、なければ他のオイルでも大丈夫です。浸透性や滋養面からスイートアーモンドオイル、またはネイティブインディアンからは「金の液」と呼ばれていて人の皮脂に大変よく似たホホバオイルもお勧めです。

 

ちなみに今回私がマカダミアナッツオイルを使用したわけは、年齢とともに無くなってくるパルミトレイン酸という成分がマカダミアナッツに含まれているからなんですね~50代以降で綺麗なかかとでいるためには、補充しなきゃ!ですよ^^♪

 

 

かかとガザガザを綺麗にするクリームの作り方

 

それでは早速に作ってみましょう。

①蜜蝋(ミツロウ)を 5g測っておきます。

 

 

 

 

②耐熱容器(私はビーカーを使いました)にキャリアオイル(今回はマカダミアナッツオイル)を入れ、その中に計測した5gの蜜蝋(ミツロウ)を入れ湯煎をします。

 

 

しだいにお湯が沸いて蜜蝋が溶け始めました

 

 

お湯が沸騰してきました。

 

 

蜜蝋(ミツロウ)がすっかり溶けましたね。

 

 

取り出してテーブルに置いてみました。

 

 

冷め切らないうち熱いうちに空容器に移します。(今回はプラスティック容器しか家になかったので使用しましたが、空容器はプラスティックだと熱くて溶けることもあるため、できれば瓶か缶がいいみたいです。←でも正直なところ私、個人的にはプラスティックでも粗熱が取れれば大丈夫だと思いましたけどね~)

 

 

 

蜜蝋は冷めるとすぐに固まるんですよ。ほら、空容器に入れたときビーカーの底に少しだけ残ったのはあっという間に固まってしまいました。

 

 

空容器に移したら精油(エッセンシャルオイル)を入れるのですが、まだ湯気が上がっているときには精油の成分が湯気と一緒に揮発してしまうのでやめておきましょう。少しだけお待ちください。季節にもよるかもしれませんが、このごろのような秋の少し肌寒い日は1~2分もあれば湯気は消えるはず。今回はローマンカモミール、ラベンダー、オレンジ各2滴、計6滴いれました。

 

 

精油を入れたら、竹串か楊枝でよくかき混ぜてください。そして軽くトントンと容器をテーブルに叩くようにして空気を抜いてください。そうすることでクリームの中の泡というか空気が抜けます。粗熱が取れたら蓋をして出来上がりです。まだ熱いうちに蓋をしてしまうと蒸気がこもるので劣化の原因になりますから注意をしてくださいね。

 

 

30分くらいしたらこんな感じに出来上がりました!濃厚ないい香りがしています。メッチャ癒されますよ。上質なアロマのかかとガザガザケアのクリームの出来上がりです!^^

 

 

かかとガザガザ保湿クリームを使ってみた感想

 

早速使ってみました。少し硬いかな?とも思ったのですが、少量でも伸びがいいのでこれくらいでもちょうどいいような気がしました。

 

硬さ調節は蜜蝋(ミツロウ)を多くするとより硬く、少なくすると柔らかくなります。そこはお好きにしていただいていいですよ。今回のようにベーシックだと蜜蝋1:植物油5の割合です。

 

蜜蝋(ミツロウ)は別名をビーワックスとも呼ばれ、ハチが巣をつくる時に分泌されるもので栄養豊富なとても貴重なものです。

 

そんな蜜蝋をベースに、今回はローマンカモミール、ラベンダー、オレンジが配合されているクリームなので贅沢で上質感がありますね。

 

蜜蝋によって封じ込められた香りが足裏からしっかり体の中まで入っていくような感覚です。

 

塗る時に手に付いた香りは水洗いしても抜けてません。自分の手からもいい香りがして本当に心地いいですね~。

 

ここで注意点ですが、せっかくのかかとケアクリームをより有効に使うには、まずは硬くなった角質をお風呂ででも取り除いてからにしてくださいね。

 

そうしないと浸透しづらく、もったいないです。角質は根こそぎ取らないほうがいいけど、あまりにも肥厚しすぎた角質は取り除いたほうがいいですよ。ここポイントです。

 

アロマライフは楽しくてお得

 

このようなアロマクリームをお店で購入すると結構お高いです。でも自分でつくると超安価ですね。要はキャリアオイル、精油(アロマオイル)、蜜蝋(ミツロウ)さえあればできるのですから。

 

キャリアオイルや精油(アロマオイル)を買うときには最初は出費がかさむ気がしますが、使いこなせば大変お得になります。

 

アロマの精油1本持つだけでもいろ~んな使い道がありお勧めです。

 

このブログに来てくださった方がアロマの精油をまず1本だけでも購入してみたら、すごくお得で役立ったとアロマライフを実感していただけるように、実生活に役立つアロマを色んな角度からご提案していきますね。どうぞお楽しみに♪