焼け付いたアスファルトの熱が足裏から伝わり息まで暑かった夏が終わり、秋がやってきましたね。ところであなたは夏のお疲れは出ていませんか?

 

季節の変わり目というのは疲れが出やすく、体調を壊す人も多いみたいですね。なぜ季節の変わり目というのは体調を壊しやすいのでしょうか?

 

 

どうやらそれは、季節の変わり目にありがちな気温や湿度などの急激な変化に原因があるようです。たとえば涼しくなったかと思うと突然に夏の暑さがぶり返したりといったことがめまぐるしく繰り返されることで体と心が追いついていかなるのですね。

 

 

そのため自律神経が乱れやすくなります

 

 

そんな時にはアロマセラピーがとても役立つのですよ。アロマセラピーは心と体に穏やかに働きかけてくれます。アロマの精油を嗅ぐだけでも体の疲れやストレスがス~と解消されるんじゃないかと思います。よかったらどうぞお試しください。

 

スポンサーリンク


 

だるさや疲れにおススメの精油

 

頑張りたくても体がついてこない、しんどいといった体のだるさや疲れが続くと心も疲弊してしまいますよね。ではそんな時におススメの精油をご紹介しますね。

 

 

■ローズマリー

 

 

嗅ぐと鼻から頭までスーと通るような感じがします。脳の血流量を増やすので頭がクリアになります。マッサージに使うと筋肉を緩めほぐすのが得意な精油なので筋肉疲労にも良いですね。

 

ローズマリーは街中でもよく見かけるハーブです。つい最近のことですが、私が信号待ちをしている時、道路脇の花壇にローズマリーが植えてありました。ローズマリーは乾燥にも強いハーブのせいか、他の植物が干からびそうな時でも凛としてみずみずしく生き生きと元気にいてくれるので見てるだけでも活力が湧いてくるようです。

 

 

 

■サイプレス

 

 

別名を「イトスギ」と呼ばれ、真っ直ぐに高く高く伸びていく木で、精油はその枝や葉から採取されます。サイプレスのセドロールという成分が呼吸を深くし、心臓の鼓動をゆっくりさせてくれるので感情を落ち着かせるのに有効です。地に足のついた鎮静効果がありますね。

 

また静脈瘤がある時などこのサイプレスのマッサージオイルを優しく塗布するだけでも良いといわています。それだけ血液循環の促進にも効果的で、体と心が無理なく動き始めるのに役立つ精油です。

 

 

■レモン

スポンサーリンク


 

皆さんよくご存知のレモンの精油です。レモンは爽やかな香りで、まさにリフレッシュにぴったりな精油ですね。頭脳明晰作用もあるので霧のかかったボ~とした頭をクリアにするにはとても良い精油です。

 

消毒殺菌抗菌作用が大変優れているので、芳香浴をすると室内の空気を清浄にしてくれます。風邪で免疫力が低下したとき、感染症予防などにもいいですね。また消化促進作用もあるので胃もたれなどの胃腸の不調にも効果的です。

 

 

■ペパーミント

 

 

ペパーミントはお料理にもよく使われるハーブで、サッパリとした清涼感があります。興奮し過ぎるときには冷静さを取り戻して。意欲が減退しているときには活力を与えます

 

 

マッサージに用いると静脈やリンパの流れを促進して老廃物を体外に排泄したり、鎮痛作用によって各種の痛みを緩和し、また胃健作用があるので消化器系の不調にも良いです。

 

 

■グレープフルーツ

 

 

グレープフルーツも爽やかさにおいてはひときわ際立っている精油ですね。意気消沈して重苦しい気分のときなどはグレープフルーツの精油を嗅ぐと一気に吹っ飛びそうですよ。

 

 

体の面でもリンパの流れを促進させてくれるので朝起きがけの体のおもだるさは勿論のこと、セリュライトやむくみなどにもいいです。また消化促進作用もあるので消化器科の不調改善にも良い精油です。

 

 

 

おわりに

 

アロマオイルで気分転換したいときには、ティッシュに1~3滴たらし洋服のポケットに入れておくだけでも簡単に自然の香りを体に取りこむには有効な方法です。

 

 

自然の香りは、バランスを保とうとする恒常性のパワーを私たち自らが出せるように引き出してくれます。

 

 

今日は晴天で、私がふと空を見上げると雲ひとつない澄みきった青空でした。そのとき爽やかで涼しい風がサァ~と頬をかけ抜けていきました。

 

 

一瞬にして私の体の細胞がピンと元気になったような気がしましたね。

 

 

身の回りにある自然に目を向けると心と体が整っていくように感じます。大自然の景色でもいいし、植物のエッセンスであるアロマの精油利用などで、せめて1日に1回、自然に目を向けるのを意識してみたいものですね。

 

次回は、気分のおもだるさや疲れをアロマの精油を使って簡単にできるケア方法をご紹介したいと思います。おそらく疲労感も吹っ飛ぶはずです^^

スポンサーリンク