前回、断捨離はスッキリするし効果的だったというお話をしました。

断捨離後をした私の開運体験談!その効果に驚愕《画像付》

 

とはいえ一気に作業を行なった後には心地良さもさることながら、後から疲れがドドッと出てきやすいものです。

 

疲れをそのままにしておくと披露が蓄積されてしまいますので、今回はそんな時にピッタリなわたし一押しのクエン酸ドリンクをご紹介します。

 

このドリンクは疲労を回復しながらもほっと一息できるので、これでまた断捨離後のお掃除にも頑張れるはずですよ~。

 

疲労回復のために必要な栄養成分

 

 

クエン酸といえば疲労回復には欠かせない栄養成分です。

 

そんなクエン酸ですが、ひと頃前まではクエン酸が疲労物質である乳酸を分解して尿に排泄してくれるといわれていました。

 

しかし現在ではそうではないという説が有力になっています。

 

とはいえクエン酸が疲労回復に有効ではないということではなくて、クエン酸は疲労によってダメージを受けた細胞の修復をするためのATPサイクル(クエン酸回路)を活性化させるのにとても重要な役割を果たしているらしいのです。

 

肉体疲労ならば筋肉疲労、神経疲労ならば神経細胞のダメージなどを回復させるクエン酸回路の働きは疲労回復には欠かせにものです。

 

ざくろ酢を使ったクエン酸ドリンク

 

 

今回ご紹介するのは、以前にもご紹介したカルディで購入した「ざくろ酢」を使った疲労回復ドリンクです。

 

ざくろ酢に、はちみつを入れて飲んでみたところ、これが本当においしかったのです。しかも、ただ美味しいだけでなく飲みやすさもあります。

 

裏のラベルを見てみました。

 

 

このざくろ酢のなかには、クエン酸はもとより、りんご、パイナップル、きいちご、柿酢、にんじん汁、はちみつ、イソマルトオリゴ糖、ビタミンC、甘味料といったように果実がたくさん入っていて、そのせいか普通の酢とは違った風味があります。

 

しかもザクロといえば、女性の美容面にも特に良い成分がた~くさんです。女性ホルモンのバランスもとってくれますしね~。

 

ざくろ酢に関してはこちらに詳しく記載しています。

ザクロ酢の効果にビックリ / もっと早く飲めば良かった!

 

ざくろ酢とはちみつの疲労回復ドリンクを作ってみる

 

ではさっそく「ざくろ酢とはちみつの疲労回復ドリンク」を作ってみましょう。

 

■用意するもの

ざくろ酢(なければ粉のクエン酸でもいいかと~)

はちみつ

 

 

  • ①大匙1杯のざくろ酢をカップに入れます(量はお好みでいいです)

 

  • ②はちみつを小さじ1杯入れました(量はお好みでいいです)

わたしは今回ニュージーランドのマヌカハニーを使ってみました。

 

 

  • ③お湯を入れてよくかき混ぜます。

 

  • ④できあがり!

 

おわりに

 

疲れを感じたときにはサッパリしたものを口にしたいと思いませんか?

 

何か飲み物を口にしたいけれど、どうせ飲むなら体にいいものを飲みたい!そんな時にはこの「ざくろ酢&はちみつ」を是非お試しください。

 

口に含んだ瞬間は酢を感じましたが、その後はまろやかな味わいが広がりました。とにかく美味しいですよ~。