お家のなかにモノが溢れすぎいませんか?

 

一見、片付いているように見える家でも、実際はクローゼットや押入れにモノを押し込めているだけだったりして・・・アハハ♪

 

はい、実はこの状態、恥ずかしながら香子のおうちでございます 汗

 

きちんと整理がされていないと探し物一つするにもホンマ大変です。時間もかかるし、探す間に、そこいらじゅうを引っかきまわして探すので、ますます散らかってしまいますね。

 

わたし、断捨離したいけどなかなかできないのです!

 

なぜでしょう?いらないものを捨てないくせに新しいものを買うから考えてみてもモノが増えるのは当然なのに・・・。

スポンサーリンク


 

断捨離したいけどなかなかできない理由とは?

 

 

断捨離すると家の中がスッキリするでしょうね~。それにおそらく気持ちも爽やかになるはずです。

 

でもわたしの場合、わかっちゃいるけど、モノが捨てられない!

 

ココなんですね。

 

その原点というか理由を知らないことには敵には太刀打ちできません

 

というわけで、わたしがなぜ断捨離できないのか自問自答してみました。それが以下の3つになります。

 

 

  • ■これを捨てると後悔しそう

さぁ使おうとした時に無い!「捨てなきゃよかった~」そんな後悔の記憶があるだけに捨ててしまうことに慎重になりすぎている

 

  • ■いつか必ず使うときが来るはず

今は使わないけど後々使う気がして、その時のために捨てることができない

スポンサーリンク


 

  • ■壊れていないし、いいものだから捨てるのがもったいない

置いておくにはスペースが必要かもしれないけれど、良いものを捨てるのはもったいない気がする

 

断捨離するには捨てれない理由を覆すことが重要

 

  • ・これを捨てると後から後悔しそう
  • ・いつか使うときが来るはず
  • ・壊れていないし、いいものだから捨てるのがもったいない

 

なるほど・・・

 

捨てれない!断捨離できない!そういうことには心理面でちゃんと理由があったのですね。

 

ということは、わたしの水面下ではこのような心理が常に働いているので、モノを捨てる行為に及べば、条件反射的にストップがかかるのも理解できます。

 

しかし、だからといって捨てれない理由に納得していては、我が家はいつまでたってもモノでうずまる生活がますますエスカレートしていきます。

 

これを解決に向かうには、わたしなりの捨てれない理由がわかったので、その理由を覆すべく新たな価値観をきちんと持つ必要がありますね。

 

おわりに

 

 

次回はわたしがモノを捨てることができるための、新たな思考についてお伝えしようと思います。よくビジネスにおいても行動を起こすにはマインドが大切!といわれますが、それはビジネスに限らず、全ての面で通用することなのですね。

 

そこがきっちりしていないと、いくら頑張っても空回りしてしまいますし、片付けてもすぐに元に戻ってしまいますから~。

 

それとは反対に、新たな思考をきっちり腹に落とすということは、わたしが不必要なモノを捨てることが自然とスムーズになれる王道でもあるのです(^^)

 

生きていくということは常に選択がつきまといます。

 

本当に必要なもの、そうではないもの、その判断をしていくこと。

 

そのような能力も断捨離によってどんどん培われていくのかもしれません。

 

また断捨離をしていくで、そこに新しい隙間が生まれます。その隙間とは物理的なスペースだけでなく精神的な新たなスペースでもあります。

 

うわぁ~楽しみ♪(^^)

スポンサーリンク