最近は「腸活」という言葉がよく聞かれます。それもそのはず、知れば知るほど腸とはすごいなぁと感心せざるをえないことがたくさんです。腸を整えるということは、ただ単に便秘解消というだけでなく、精神面やその他、多方面にも良い作用をもたらすことにほんとビックリしましたね。

 

腸をケアするとセロトニンが分泌されるというのも驚きです。セロトニンといえば、あの鬱やパニック障害の治療薬でもありますよね~。

そんなセロトニンですが、ナントですね、腸で約90%も作られているらしいのです。

 

セロトニンは脳と腸で作られる

 

セロトニンというものは脳で作られるものだとばかり思っていましたが、実は小腸でもつくられていたんですね。しかも脳が2%としたら、小腸ではなんと90%ものセロトニンが作られているということだそうで、それにはビ

ックリです!!

 

 

しかし脳で作られるセロトニンと腸で作られるセロトニンは別物だそうです。

 

 

 

 

脳で作られるセロトニンはトリプトファンという栄養素から作られトリプトファンは体内で作ることができないから食べ物で摂取するしかないらしいのです。

 

そのためトリプトファンを多く含む食品を摂取することは重要です。なぜならセロトニンの材料になるわけですから。不足するとうつ病やパニック障害などの原因になりやすいんだとか・・・。

 

一方、腸で作られるセロトニンは小腸にあるクロム親和細胞という細胞から生成されるそうです。

 

腸のセロトニンは蠕動運動促進する働きがあるので、便秘の人など便が硬くなりやすい人には特に良いですね。しかし腸内環境が悪いと腸のセロトニンが減り、またストレスが強すぎたりすると、今度は腸内のセロトニンが大量に分泌されて下痢になったりするそうです。

 

腸のセロトニン異常が起こると脳のセロトニンも影響をうけてしまう悪循環が起こります。腸と脳とは相関関係があるのですね。

 

 

脳のセロトニンと腸のセロトニン

 

人が過度のストレスを感じると脳では自律神経に悪影響がでます。精神的にもバランスを崩しやすくなるのですね。そうなってくると便秘や下痢など消化器系にも影響を及ぼし腸内環境は悪くなりやすいです。

 

腸内環境が悪化するということは、食べたものの消化吸収力も落ちるということで、せっかく食べたトリプトファン(セロトニンの材料となる栄養素)も思うように吸収されなくなってしまいます。

 

 

しあわせホルモンと呼ばれるセロトニンを増やすにも腸内環境が悪ければ、そうもいきませんね。

 

腸内環境を良くすることでトリプトファン(セロトニンの材料となる栄養素)の吸収力も上がるので、脳のセロトニンも増やすことができます。

 

そして脳のセロトニンがしっかり生成されれば、メンタル面でも落ち着きを取り戻し、ストレスにも強い精神になれるでしょう。

 

そうなってくると腸内ではセロトニンの材料となるトリプトファンを十分に吸収することができます。

 

このように脳のセロトニンと腸のセロトニンは生成の仕方や役割も違いますが、お互いに大きく影響を及ぼしあっているのですね。

 

おわりに

 

心地よく毎日を過ごすためには、精神的にも安定して幸福感が感じられるということが大切ですよね。

 

 

そのためにもストレスの多い現代人においては、脳内のセロトニン不足にならないようにすることは必須です。

 

 

しあわせホルモンといわれるセロトニン不足にならないようにするためには、「腸と脳」この両面からのアプローチが必要なようです。

 

また朝日を浴びることや体を動かすことなどもセロトニンは増やすことができるそうです。是非実践しましょう!