前回はトイレの黒ずみの落とし方についてお話しました。

トイレの黒ずみ掃除は重曹で清潔ピカピカだぁ!

 

黒ずみも汚いし不潔ですが、トイの汚れといえば黄ばみも気になりますね。

 

というわけで、今日はトイレの黄ばみの落とし方についてご紹介します。特に便座裏は黄ばみが付きやすいところなのでスッキリさせたいものです。

 

またトイレの黄ばみ取りは、場所によって注意するべきことがありますので、そういうことも含めてお伝えしたいと思います。

 

例えば・・・便器と便座では素材が違いますからね~。

 

トイレの黄ばみは悪臭の元

 

 

トイレの黄ばみはそれ自体が悪臭の元なので、クサイ!はずです。悪臭が漂っているトイレでは出るものも出ないかも~汗。ホント嫌ですね~。心地の良いトイレにするためにお掃除は大事です。

 

トイレに黄ばみができる原因とは?

 

そもそも黄ばみとは何からできていると思いますか?トイレの黄ばみの原因尿に含まれる成分で尿の中に含まれているカルシウムが他の汚れと結合し結晶化して固まったものなのです。

 

結晶化する前にお掃除をしていれば問題ないのですが、そうもいかず放置していると尿石になり、こびりついた頑固な汚れはしぶとくとれにくい汚れに変わっていくのです。

 

トイレの黄ばみを落とすエコで効果的な洗剤とは?

 

 

やっかいなトイレの黄ばみを落とすのにはどのような洗剤を使えばよいのでしょうか?汚れの元となるのはアルカリ性の炭酸カルシウムなので酸性の洗剤を使うことで中和、分解されます。

 

そこで登場するのがクエン酸!

 

エン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れ落とすのに大変優れます。梅干を食べたときにすっぱく感じるあの成分です。レモンなどにも含まれていますね。

 

体内にもある成分で安全面においても安心なのがクエン酸で、粉のまま使ってもいいですし、またはクエン酸スプレー水として使うのも良いですね。

 

クエン酸スプレー水についてはこちらをご覧ください。

便器と便座の黄ばみを掃除する

 

 

 

ここで注意をしていただきたいのがトイレの黄ばみを落とす際に、便座には特に注意を払うということです。

 

先ほども触れましたが、便器と便座は素材が違いますから、同じようにすると簡単にがついてしまいます。

 

便器は陶器ですが、便座部分はプラスチックなので水分がなく乾いたものでゴシゴシやるのが危険なのです。

 

というわけで樹脂系のプラスチックである便座の掃除する時には必ず濡れたものでしてください。もちろん綺麗になったあとの仕上げとしての簡単な乾拭きはオッケーですが、その際も柔らかい布などを使ってくださいね。

 

では、さっそくお掃除をしていきましょう。実際に我が家のトイレの黄ばみはクエン酸でとれました。

 

詳しくは次回にお知らせしますね。使用前、使用後ともに写真をたくさん撮ってみましたので是非ご覧下さい。